読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまいもおすそわけ

旅行の記録

TM NETWORK THE MOVIE 1984~ 30th ANNIVERSARY

@109シネマズ川崎

夫が超古参のTMヲタ(小室派)であり、私も人生の推しメンが初期にTMのサポートギタリストとして大活躍()していた経緯もあり、平たく言うと夫婦揃ってTMヲタなのでこの映画を公開日にホイホイ観に行った。

(まだベイマックスもゴーンガールも観てないのに)

 

特にドキュメンタリー形式でもなく、ライブ映像を概ね時系列に並べてるだけなので、別に映画じゃなくていいじゃん、という内容。

夫「映画館で観るのがいいんだ」

これだからファンは。

 

序盤、Dragon The Festival、金曜日のライオンあたりのレアな初期のライブ映像はつべにもなかなか上がらないようなやつ。

まっちゃん加入後くらいから〜映像は観たことあるなっていうものがほとんど。

既にパッケージ化されてるものからも多い。(CAROLとか何回観たかなってレベル)

Come On Let's Danceから1曲木根さんのソロを除いてHuman Systemまでがまっちゃんのターン。

グリーンライトよろしくぐいぐいうるさい、素晴らしい。

何度観てもあのフリーダムさはいい。

 

てっちのフェラーリ映像からシティボーイなTMN時代に。

夫がNetwork時代厨なため(私がまっちゃんヲタなのもあるけど)、普段上映会するのはほっっっっっっとんどがNetwork時代の映像だったりして、正直N時代の映像は新鮮だった。

改めてN時代の観てびっくりした。

サウンド超好み、すごい、ROCKだ、そこらのROCKバンドより骨太いROCKの魂が息づいてる。(エレクトリカルではあるけど)

N時代になった頃から浅倉大介がライブにもサポメンで参加し始めたのも大きいんだろう。(マニピュレーターとしてはもうちょい前からいた)

さらにルックス、耽美ロン毛のウツにてっち、さらにてっちのインテリ7:3(Last Grooveの)がやっぱり美人なんだ、美しい。

あんなに美人で、あんなかっこいいサウンド作ってて、そんで94年にぱっと解散とかなんてもったいないと、当時はハマってなかったけどつくづく想いを馳せられる。

やっぱりTHE POINT OF LOVERS' NIGHTが大好きで始まった途端変な声出た。(これはNetwork名義最後のシングルだったわ、でもN時代のシティのノリがよく似合うわ)

 

ところで昨今のTMのライブでは、基本CAROLコンセプトがベースになってるから、N時代の曲ほっとんどやらない。

RHYTHM RED BEAT BLACKにWILD HEAVEN…はたまにやってるかな、一途な恋も聴きたいんだけどな。

 

N時代は暴れん坊まっちゃんが楽しいし、N時代はピンズドな好みなので楽しい時間だった。

改めて、私TMNが大好きじゃん、と認識できた。

推しメンギタリスト云々はただのキッカケに過ぎなくなってしまい、もはやハーフヲタ(ものすごいヲタではないという意味)って言ってもいいかもしれない。