読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまいもおすそわけ

旅行の記録

おでん

ごはんはおでんだった。

スーパーで売っている、たぶんごく一般的な関東風のおでんに、ソーセージをぶっこんだもの。

静岡おでんではない。

正月に実家で静岡おでんを食べてきたけど、やっぱり静岡おでんと一般的なおでんは別の食べ物だな。

静岡生まれで静岡おでんを食べてきたからって、別に静岡おでんじゃなきゃダメなわけじゃない。

(それでいうと、我が家のおでんは母の好みで醤油が少なめだから俗に知られている静岡おでん程黒くない、一般的なおでんと静岡おでんの中間あたりのどっちつかずのものだし。)

これはこれ、あれはあれ、一般的な?おでんも普通に好き。

とある北海道出身の人は「地元のおでんは半分に切ったさつま揚げと薄いこんにゃくを割り箸に刺してただの水で茹でた侘しいやつ」と言っていた。

おでんって手軽だから、きっと各地で独自の進化を遂げてたり食べ方があるんだろう。

ただ、静岡おでんが特殊すぎてちょっと目立っちゃってるだけな気がする。

(ここ10年くらいのご当地グルメブームのようなものも手伝って。)

 

f:id:mtart:20150119204652j:image

 

夫にさらっと静岡おでん食べたことないと告白されたので、週末静岡行くから母に作っておいてもらおうと思う。

夫は静岡西部の育ちだけど、天竜川挟んだら文化が違うから仕方ない。(かといって、愛知の赤味噌文化があるわけでもない)